社長メッセージ

ごあいさつ

2017年6月15日付にて取締役社長に就任致しました酒寄彰です。
日立三菱水力株式会社は、2011年10月に株式会社日立製作所、三菱電機株式会社と三菱重工業株式会社の3社の水力発電システム事業を統合して誕生しました。
持続可能な社会に貢献する再生可能エネルギーの担い手として、コーポレートステートメント“Quest for Nature’s Potential”の下、3社のシナジーを発揮して国内外で事業を展開しています。
当社は、流体解析・電磁界解析・過渡現象解析・設計仕様最適化・自動設計等の技術を駆使して、水力発電設備の効率・品質・信頼性の向上に取り組んでいます。また、可変速揚水発電設備の提供により電力系統の安定に寄与しています。
電力システム改革を目前にして、水力発電市場を取り巻く環境は、既設発電所の設備更新による増出力・固定価格買い取り制度の導入・調整力公募への揚水発電所による応札等、大きく変化しています。私たちは、お客様の多様なニーズに応え、引き続き、安定した運転を可能とする品質の高い製品・技術・サービスを提供し、低炭素社会の実現と電力の安定供給に貢献して参ります。

取締役社長 酒寄 彰廣イメージ

日立三菱水力株式会社
取締役社長 酒寄 彰

PRINT PDF